カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

postheadericon エアコンの活用法

新しいクーラー

今や夏場の必需品となっているエアコンですが、扇風機などと比べて電気代が高くつくのが難点です。
しかし、定期的なメンテナンスをすることで冷却効率を上げたり、電気代を抑えたりすることができます。

エアコンのクリーニングは電気代を抑えるのに重要な要素の一つとなります。

postheadericon 自分でやるより業者に頼む

和室のエアコン

エアコン内のフィルターを取り出し、シャワーで流したり掃除機で吸い取ったりするとほこりを取り除くことができます。
油煙やタバコのヤニでべたついている場合は、中性洗剤をつけた雑巾で拭き取りましょう。
ある程度は自分で掃除ができますが、クリーニング用のスプレーの使用は控えた方が良いです。

エアコン内のファンを掃除するために洗浄スプレーが販売されていますが、リンスを使用しないことが多いため洗浄成分が内部に残り、カビを発生させる原因になることがあります。
エアコン内のクリーニングは業者さんに任せた方がいいでしょう。
さらに、室外機のクリーニングをすることでも電気代を抑えることができます。

postheadericon 寿命がある

涼しい部屋

室外機側面の放熱フィンをシャワーで流すだけで、結構な汚れを落とすことが可能です。
ただし、上記のことを行ってもいまいち涼しく感じられない、ということがあります。
そのような場合は、思い切ってエアコンを交換した方がいいかもしれません。

室外機を見て枠が錆びて朽ちてきそうなら交換時期です。
ランニングコストも部屋によりけりなので、一概に寿命が何年とは言い切れませんが、購入してから10年を超えるものであれば交換も視野に入れてください。
現在は様々な業者さんがエアコンの交換工事をしてくれますが、なるべく地元の業者さんと綿密に打ち合わせをして決めた方が良いでしょう。

postheadericon 寿命をのばす

素敵なオペレーター

エアコンのクリーニング・交換に便利な業者について
エアコンは機能によっては年中稼働することがあり、そのために中のフィルターが汚れてしまったりパネルなどの部品が呼称してしまうなどの問題が発生します。
なので、定期的なクリーニングやメンテナンス・部品交換などが必要となり、それらをしっかり行うことでエアコンの寿命を延ばすことができます。

エアコンのクリーニングに関してはフィルターの掃除は素人でもできるようになっていますが、フィルターの奥のクリーニングやメンテナンス、部品交換などは業者の手を借りる必要があります。
これらのサービスはエアコンなどの家電を販売している店やメーカーなどで対応しているところもありますが、中にはクリーニングやメンテナンス・部品交換を取り扱っている業者もあります。

postheadericon アフターサービス

作業員

業者を利用するメリットとしては、どんなメーカーのエアコン製品であっても対応してくれているところと、アフターサービスなどがしっかりしているところです。
特に部品交換に関しては必要なものをメーカーから取り寄せて対応してくれるので、安心して利用することができます。

また、クリーニングに関しては素人の手が届かない部分までしっかり清掃してくれますし、カビの除去などもしてくれるので清潔面以外にも衛生面での管理も可能となります。
これらのサービスは店舗にエアコンを持っていく必要はなく、業者が自宅に出張してサービスを行ってくれるものがほとんどです。
見積もりなどもその場で出してくれるので、利用者の手間を省いてくれる画期的なサービスとなっています。